福島アロハプロジェクト連携体制

ふくしまアロハプロジェクトは福島内の異業種が連携しています。

 熊田果樹園:

福島県白河市にある果樹園さんです。

桃、りんご、梨等、多くの果樹を栽培しています。

美味しくて大きい果物をお客様に提供する為に、こだわ

りを持ち果樹を長年栽培されています。

熊田果樹園さんの果物は白河市内の給食で子供達にも提

供されており、

また果樹園内での直売所、西郷村の直売所(まるごと西

郷)でも販売しています。

ふくしまアロハプロジェクトでは熊田果樹園さんから剪

定枝(ボタンの材料)の提供をして頂いております。

直売所 : 福島県白河市本沼観音山15

face book : https://www.facebook.com/i.l0ve.fruit/

  

ROSE WOOD

福島県本宮市でWOOD CREATERとして活躍されてる

ROSE WOODさんです。

木製雑貨を中心に販売しています。

CREATERの高橋さんは建具屋の経験を生かし、様々な

木工製品を手作業で一点一点丁寧に作り上げていきま

す。

果樹の剪定枝からボタンを製作していると”果樹の香り

がする”と高橋さんはおしゃっています。

ROSE WOOD さんが創り出す優しさと温もりに溢れた

ボタンは、ふくしまアロハの魅力を更に引き立ててくれ

ています。

住所:福島県本宮市本宮万世193-3(ザ・ビッグ本宮店 駐車場隣)

土曜日営業

 

ホームページ:https://yukihamee.wixsite.com/website

今泉女子専門学校

大正9年(1920年)に女性の自立を目指した専門学校

「郡山裁縫女学校」として

郡山市に創立された伝統と歴史のある服飾専門学校さん

です。

職業実践専門課程としてプロフェッショナル科 服飾科 

があり、その中でも、きものコース ファッションクリエイト

コースに分かれています。

今回のふくしまアロハプロジェクトでは多様性の商品の

デザインを担当して頂いております。福祉施設さんからの

アンケート調査結果を踏まえ、学生達の若い力で多様性、

サステナブル、福島らしさをコンセプトにデザインを考えて

頂いております。デザインコンペを行い、コンペの結果を基

に(IMAJOデザインとして)順次販売していく予定です。

只今、コンペ開催中 コンペ会場はこちらから

ホームページ:http://www.imajo.net/index.html

 

東都クリエート(株)

東日本エリアに50店舗ほどお店のあるリユースを通じて循環社会を目指している会社さんです。

今回お着物の提供をして頂いております。

東都クリエートさんと今後店舗や通販での販売も企画中です。

 ホームページ:https://tohto-create.co.jp/

 

優樹福祉会:

福島県白河市内にある福祉施設さんです。

今回ふくしまアロハの多様性という面でアンケート調査にご協力を頂きました。

そのご縁から、優樹福祉会のエル白河さ

ん、フラット白河さんに着物ほどきを担当して頂いています。

着物ほどきは非常に根気のいる作業であり、

着物を再生する中で非常に重要な作業です。

施設利用者の方々に一枚一枚丁寧に着物をほどいて頂いています。

(地域生活サポートセンターエル白河)

https://www.yuju294.or.jp/地域生活サポートセンターエル白河/

(地域生活サポートセンターフラット白河)

https://www.yuju294.or.jp/地域生活サポートセンターフラット白河/

 

ソーイングナガイ:

福島県西郷村にある縫製会社さんです。

ふくしまアロハの縫製を行なっています。

主に縫製を担当して頂いている長井さんは現在81歳。

14歳から丁稚奉公として紳士服から婦人服までテーラーとして養った経験の中

で得た技術は正に日本の縫製の伝統技術そのものです。

他社縫製会社には真似できない匠の技術があります。

 

合同会社 WATASI JAPAN (育児中女性):

着物を活用した、衣料品を販売する会社です。

NHK等、国内外のメディアに多数取り上げられた実績があります。

生産管理は育児中女性達が行っています。

ふくしまアロハプロジェクトでは着物の選定 販売 企画を行なっています。